News

お知らせ

  • 更新日 2019.12.05

    mission2「小木イカをリサーチせよ」

    2019年12月x日。
    前回の蓬莱島に引き続きミッションが協議会によせられた。

    「小木イカをリサーチせよ」

    最近、隊長は朝コーヒーを飲みながら新聞を読むのが好きなようだ。だから、ここ最近朝の会話と言えば朝刊のトップニュースになることが多い。

    「ねえ、イカ刺し食べたくない」
    と隊長の一言。どうやら新聞に書かれていた大和堆での外国の違法漁船の影響で、昨年過去最悪の水揚げから、今年はさらに最悪の水揚げとなっているイカのことを見ての発言らしい。

    「いいですね、美味しいところ連れてってくださいよ」
    「そうね、じゃあその前にお仕事ね」

    ということで指示されたのが小木イカのリサーチ。

    イカは世界で毎年330万トン収獲されてるけど、その約三分の一の100トン近くを消費するのは日本人。特にイカ消費量に関しては石川県はトップ3に入る消費量。さらに能登には国内でもイカの漁獲量が多い港、小木港がある。函館、八戸に並ぶ日本三大イカ漁港の一つ。

    さらにイカについて調べてみた。

     英語では、
    ・squid:(ツツイカを表す)
    ・cuttlefish:(コウイカを表す)
    ・calamari:(主に調理されたイカを表す)

    漢字では、

    ・烏賊

    イカの文字がなんで烏(からす)?と思ったけど、それは遠い中国の故事にさかのぼるよう。中国の古書『南越志』に『あるとき、からすが水面に浮かんでいるイカを捕らえて食べようとして舞い降りた。このとき、イカは死んだ振りをしていて突然からすにその長い足を絡めて水中に引きずりこみ、からすを食べてしまった。からすを襲う賊であるのが「烏賊(いか)」』とある。

    なるほど。

    さらに調べると、聞いたことがなかったいろんなことが出てくる。
    「イカの遠い祖先は巻貝」
    「イカの心臓は3つ」
    「イカの寿命は1年」

    「スルメを販売する商人たちの間で、損をする=「スル」という言葉入っていると縁起が悪いということで、スルを当たりという字に変えて「アタリメ」と呼ばれるようになり縁起物になった」
    「生きて水中を泳いでいるイカを一匹と数えるのに対し、商品として並んでいるイカは一杯」

    いろんな雑学あるんだ~。

    さてと、「イカ」
    とりあえず百聞は一見に如かず。隊長連れて小木港に行くか!


    「ここが小木港かー、あれあの大きな船は何?」
    「あれが、この小木港を支える中型イカ釣り漁船ですよ」

    「この船で、新聞に載っていた大和碓に行くし、北海度にも行くし、オーストラリアにだって行ったことあるんですよ!パイオニア精神がすごいんです。これぞ小木スピリッツ!!」

    「ここって夜は真っ暗になりそうね」

    「そうでもないんですよ、そういうと思って夜の写真とっておきました」

    「意外とライトあるから素敵」
    「そうなんです、ここ最近お店も増えてきてるんですよ。居酒屋だったり、レストランだったり、バーだったり」
    「なんだか観光雑誌には載ってないけど、観光スポットとして楽しめそうね」
    「まさにそうなんです、しかも、これ朝とったんですけど、いいでしょ?」
     
    「なんだかこれから旅立ちそうね」

    「あっ、そうだ、ちょっと横道それましたね。イカでしたね、イカって見たことあります?」
    「あるわよ、居酒屋ででてくるわ。刺身頼んだら出てくるあの白いイカでしょ」
    「あっ、白だと思ってました?違うんですよ、ほら」

     

     

     

     

     

    「アオリイカは透明、直前に食べた魚も見えてるでしょ、スルメイカは茶色がかっているしね」

    「へぇー知らなかった~、そういえば見たことなかったな~、水族館にもあまりいないよね、何で~」

    「それは、イカはとってもデリケートな生き物らしいので、ああいうところで飼うと長く飼えないらしいんです」

    「そうなんだ~、で、生きているイカは、小木のどこにあるの」

    「おっ、さすが隊長、いよいよ核心にせまってきましたね」

    「小木のイカと言えば、これです」

    「あれれ、凍ってるよね」
    「そう、これが小木の名物、船凍イカ。釣ったすぐに船内で一尾ずつ凍結するイカなんです」
    「これ刺身がうまいんですよ、ある大手雑誌の編集の方も、生イカよりも、船凍イカのほうが甘くておいしいって言ってたらしいですよ、しかもアニキサス症の心配もないし言うことなし!!」
    ※魚に寄生するアニサキス幼虫が人の胃壁や腸壁にもぐり込んで発症すること

    「で、知ってました?小木の地域に古くから住んでる人って大きな冷凍庫必ずあるんですって。しかも、そこには船凍イカが箱毎入ってるらしくって年中イカを楽しんでるみたいですよ」

    「しかもイカの部位は骨以外は全部使うんですって、くちばしは焼いて食べたり、皮は味噌汁、ゴロは塩辛に使ったり、とってもエコな食べ物なんです」

    「で、どこで買えるの、どこで食べれるの」

    「またしても、よくぞ聞いてくれました」

    「今まで買えるところ少なかったんです、そこで、来春イカが買えて、イカが食べれるスポットが先日みた蓬莱島の近く、九十九湾のイカの駅としてオープンするんです」

    「イカをリサーチした結果、イカの駅というおもしろそうな建物を発見したということで、今回の報告は終わります、ということで、イカ刺しはオープン後に食べてください」

    「ますます食べたくなったのに~、はやくオープンして~」

    バットニュースが多かったイカだけど、グッドニュースもあった。これからイカがどんな歩みをしていくのが楽しみ!!

  • 更新日 2019.12.03

    mission1「蓬莱島をリサーチせよ」

    2019年11月x日。

    とあるミッションが協議会によせられた。

    「蓬莱島をリサーチせよ」

    蓬莱島は、九十九湾の中にあり、周囲およそ100メートルの凝灰岩峰。全島常緑広葉樹におおわれており、島の頂上に祠(ほこら)があり、鶴落神社と言われ、別名鶴落島と言われている場所。祠のまわりはアカマツ、そのほか全体的にはスダジイが多く、その他多くが常緑樹でおおわれている九十九湾のシンボルマーク。

    以前は、祭りなどで島まで船で神輿を渡し、頂上までお参りにきていたようだが、最近では登頂することもなく、ここ数年は地元の方は誰も島の中の様子は分からない状況。

    そんな状況下で集められた探検隊。ガイド1名、船長1名、調査員5名の計7名で遂行された蓬莱島ミッション。集合は、来春オープン予定のイカの駅前。

    「この施設はなんなの」
    「隊長、これはイカの駅と呼ばれる観光施設らしいですよ、来春オープンでだいぶできてきてますね。結構大きいですね。ここにレストランとか物販とかマリン拠点施設とかできるらしいですよ」
    「ですよね、ガイドさん」
    「そう、いよいよ来春だよ、そして横に見えるのが遊覧船。海中も見れるんだよ。九十九湾に生息する魚、ぜひ来年見に来るといいよ」

    「あっ、見えてきた。あれが蓬莱島ですよね」

    いよいよ、まちに待った蓬莱島に上陸。

    「ロープは縛れるし、船は島につけれるな」
    船長のかろやかなハンドルさばきで蓬莱島に到着。

    「結構下のスペースはひろいですね」
    「秋冬の時期は潮が引きゆったりと歩くスペースもあるんだよ。時期によっては枝をつたいながら蓬莱島を一周することもできるよ」

    「へぇ~、ぜひ夏に一周してみたいです。ところで、上に登れるところはどこだろう」
    「あった、1カ所あった」
    「登れるかどうか分からないからロープもっていった方がいいよ」ガイドさんが親切にロープを差し出した。

    「結構急ね~、誰か、まずは転がり落ちないか見てきて」
    と隊長があたりを見渡す。
    「はいっ、特攻部隊いきます!!」

    階段らしきものは確認、石段はあるが、コケや枯葉で覆われている。
    でも、てっぺんとりたい、頂上にいきたい。
    「何とか上までいけそうです。皆さんもどうぞ」

    一歩、そして一歩。ゆっくり確実に。
    「たいちょーう、がんばってください」


    隊長も慎重にあがってきた

    「あっ、隊長見えてきました、祠らしきもの」

    「こっ、これが鶴落神社」
    「数年間そのままだったけど、木々が守ってくれているのか、全く古くなった感じがしない」
    くるりと、ひとまわり。
    「なんだ、この相合傘は」
    いくつもの落書き。相合傘が数本。
    「縁結びの神様がまつられているから、パワースポットだからという理由で、書いたのかも。だけど、そんな祠に書いたらご利益もあったもんじゃないよ」

    確かここは女性の神様、そんなことしたら嫉妬されるに違いない。

     

    「隊長、うえを~」


    いくつもの鳥の巣が。野鳥が住む環境としては最高かも。

    「そろそろ降りるわよ」

    「たいちょーう。待ってください」
    また、険しい急な道を降りていく。

    「隊長もどってきました」
    下に戻ってきて目に入ってきたのは九十九湾。


    とても素敵な景色。時期によっては海越しに立山連峰を見ることができるんだそう。
    「なんて心落ち着くんだろう」
    今まで数々の詩人や作家、著名人が九十九湾を訪れ、どれだけの人が蓬莱島を見て癒されてきたことか。こういう場所がパワースポットなんだろうな。

    蓬莱島を後にイカの駅へ。


    そして、物語は終わる。

    「隊長、まだ終わんないですよ」
    来春から新たなストーリーが始まるイカの駅、そこから蓬莱島の新たな物語も動き出す。

  • 更新日 2019.11.21

    九十九湾グルメ情報スタート

    協議会フェイスブックで、能登町在住スタッフによる飲食店レポートが始まりました。

    https://www.facebook.com/noto991association/

    能登に訪れて、困るのが飲食店情報。大手サイトや観光サイト等には、お店の細かな情報まで掲載されていることは少なく、「あの店ってどんな店なの」「何がおすすめなの」と聞かれることも少なくありません。地元の方ですら、何が食べれるのか知らないという店も多いんです。そこで、そうした皆様の声にお応えして、九十九湾周辺の飲食店情報を紹介させていただきます。

    まずは、ランチに絞っていろいろと紹介させていただきます。
    これまで3軒のお店を紹介してますが、どれもお薦めのお店ばかり。まだまだ、紹介したいお店もたくさんあります。今後、定期的にランチ情報を紹介していきますので、皆様、ぜひチェックしてください。

    また、九十九湾周辺の観光スポット知りたいって方には、こちらはイカの駅の指定管理者になっている株式会社こっしゃえるさんのスタッフブログがおススメ。能登に住んでいるスタッフの独自の視点で楽しめるので、行ったことがなくてもワクワクして、行こっかなと思わせてくれる内容です。

    【イカの駅つくモール】周辺施設⑩羅漢山(らかんやま)~未遂(泣)

     

    もうガチで体験してるので、後悔してることもしばしば。

    そんな残念な体験も含めて、楽しんでください。

    来年には「イカの駅」ができますが、それ以外にもまだまだ皆に知ってもらいたいエリアや店がたくさんあります。そして、いろいろ周遊して楽しんでほしいです。

    知らないのは本当にもったいない。
    今後もいろいろな情報を発信していくので、ぜひ見逃さず能登町のリアルを楽しんでください。

  • 更新日 2019.07.05

    SNSでの情報発信

    以前から情報発信しているFacebookに加えて、Instagram、Twitterのリンクも追加しました。各SNSではターゲット層も異なるため、各ターゲットに合わせて情報発信していければと思っています。今後各SNSでも九十九湾エリアの情報を発信してきますので、皆さんのフォローをよろしくお願いします。

    各SNSに関してはトップページにリンクが貼ってあるのでご覧ください。

     

  • 更新日 2019.06.26

    イカ合宿のモニターツアー募集中

    7月8日、9日で、ホテルのときんぷらさんでイカ合宿が開催されます。イカ刺しづくりや包丁の研磨体験、能登の市場や鮮魚店の見学が盛り込まれたもので、イカの町、小木ならではのツアーです。

    詳しくは下記まで。申込締切は7月4日。

    問い合わせ先:ホテルのときんぷら tel0768-74-0551

  • 更新日 2019.06.17

    ミニ版『イカの駅』、小木に『いかふぇ』が誕生(小木郵便局前)。

    九十九湾に2020年春オープン予定の、のと九十九湾観光交流センター『イカの駅 つくモール』。その情報発信の場と地元住民の憩いの場として、指定管理者の「株式会社こっしゃえる」さんが小木に交流カフェを7月から来年3月までの期間限定で開設します。

     

     

     

     

    どんなところが運営するの?何か私達もできることってある?こんなのがあったらいいな?などなど、スタッフと住民が気軽に話ができるスペースです。

     

    能登町小木に立ち寄りの際は、ぜひ訪れてみてください。

  • 更新日 2019.04.20

    のと九十九湾観光交流センター及び日本財団わがまち基金の発表会開催

    4月19日(金)、能登町役場にて日本財団の「わがまち基金」を活用した事業で、興能信用金庫と株式会社こっしゃえるが主体となって、地域の活性化事業に取り組む、日本財団わがまち基金を活用した地域創生支援スキーム、事業名「能登の持続可能な地域をこっしゃえる」の発表会が開催されました。

    来年4月にオープン予定の、のと九十九湾観光交流センターの指定管理者に決定した株式会社こっしゃえる。この観光交流センターの運営を通じて、日本財団の基金を活用しながら地域に新たな産業をこっしゃえる

    そのために官民一体となって、能登を盛り上げていこうというものです。


    当日は事業PVも流され、改めて新たな小木が生まれる予感がしました。

    これからも皆さん、小木・九十九湾の応援よろしくお願いします。

  • 更新日 2019.03.22

    新商品&新体験プラン発表

    先日、小木・九十九湾エリアの活性化を目指した5つの商品発表を行いました。

    イカ刺し塾や、防災研修会をはじめ、縄文ハンバーグのワークショップや蓬莱島上陸、

    漁師のおやつ揚げいかせんなど、この土地ならではのものばかり。

    これからも、「九十九湾に負担をかけない特産品開発と観光開発」という目的のもと、地域資源を掘り起こし、活用し、持続可能な開発を目指していきますので、応援よろしくお願いします。

ページトップへ戻る